忍者ブログ
聖鯖にて活動中、メインジョブは召喚士!
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 [2017.09.20 Wed]     []
放置しまくり2週間
こんにちわ
2週間ぶりに帰ってきましたブログの世界
いかがお過ごしでしたでしょうか(´_ゝ`)シェリルです。


放置してた理由はまぁ色々です
今週1週間はアトルガンに没頭してたのは言うまでもございませんが
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
発売前から「からくり士」に興味持っていたのですが

過去のエントリー見ると青魔道士に興味あったんじゃないのかと突っ込まれそうですが


違います


アトルガンの発売日もLSの人たちはミッションも並行してジョブ取りしてたようですが
私はジョブ取りに行くというフレと一緒に
「からくり士」の取得クエスト探しに真っ先に行きました。

情報の無いうちに色々回りに回って行き着いたアラパゴでした

先行するとこういう新しい場所に自分ひとりだけ
結構良いものです、眺めもいいしw

発売当初のジュノも似たような感じでしたね
今じゃ考えられませんが、ジュノ4エリア全体で自分だけとか・・・w
先行した場合はこういった「後じゃ見れないかもしれない光景」にも会えるので、
楽しいです。

まぁアラパゴに関しては、その後30分もしないうちに
コルセア、からくり取得の為の人々でごった返していましたがw





からくりをその日以来ずっとやってますが
アタッチメントやマトンのヘッドフレームによって
行動が決定している部分は面白いのです。

ただその組み合わせを探そうと
出したり引っ込めたりしている時間の方が多い気もしますが・・・w

なんとかマトンが精霊魔法を撃ち始めたので良しとします
レベル32超えてやっと「サンダー」なのは問い詰めたくもなりますが
まぁ放置
アタッチメントをいじると、また唱えなくなったりもする
我侭な子ですがそれも愛おしい。
ケアルもIIIまで唱える様になっているので、魔法戦フレームはジョブ的には赤なのかなぁ?



今まで使用確認した魔法:魔法戦スキル103時点までに

  • ケアル
  • ケアルII
  • ケアルIII
  • ディア
  • ディアII
  • バイオ
  • ポイズン
  • スロウ
  • サイレス
  • パライズ
  • サンダー

  • (魔法戦スキルによって覚えていく順番とは異なります)

    この位でしょうか
    マトンの弱体魔法はとてとてにも普通に入ります(まじめに
    ただその弱体魔法の属性に強い相手には入りにくい事はありますが
    そうでない場合はほとんど入ってます。

    例えばミミズにスロウとかですね。

    それでも、入る方だとは思いますw
    精霊魔法のサンダーは格上の敵にはハーフレジも発動してたので
    マトンの魔法のレジスト関係は未だに謎が多いです。

    ケアルはマスターにもかけてくれます
    ただしHPが半分近くにならないとしてくれませんが・・・w

    汎用フレーム魔法戦フレームどっちにも言えるのかも知れませんが
    マトンのMPはヒーリングが要らないです
    アタッチメントの「マナコンバーター」付けていると
    MP半分以下になった場合にHP削って強リフレシュがかかった状態になってMPもりもり回復します
    確認した時点はMP17/1sec回復してました。レベルいくつだったかは覚えてません(´_ゝ`)
    今度どの位のHPと引き換えにしてるのかも観察してみよう。



    その際減ったHPは「リペアー」などを使って回復させれば
    問題なしです。

    リペアーに必要なアイテム「ルブリカント」「ルブリカント+1」「ルブリカント+2」

    「ルブリカント」はHP10/1secで最大100

    「ルブリカント+1」はHP20/1secで最大200

    回復を確認済み
    +2に関してはまだ使用レベルになれてないので、また後日。
    魔法戦フレームの現在レベルでの最大MPは440位?だったと思いますが
    ヒーリングも無しに永遠と狩れていたので
    高レベルになって消費MPが激しい魔法を使うようになってこない限りは
    大丈夫じゃないでしょうか。


    「ルブリカント」でHP回復の話のついでに
    範囲攻撃の痛すぎる敵じゃなければ3分アビのリペアーですが
    「S.アブゾーバー」を使用してストンスキン張っておけば余裕でマトンのHPは維持できます(アタッチメント「ストロボ」使用時は適応外)
    範囲攻撃ばかりやってくるような敵は魔法戦フレームか射撃フレームで
    範囲外から攻撃させていた方がいいかもしれません。







    アタッチメントの話になってきたので
    現在での私のお勧めアタッチメント


  • ストロボ:ファイアマニューバ中にマトン以外にタゲが移行すると「挑発」発動
  • S.アブゾーバー:アースマニューバで「ストンスキン」発動(MP消費なし:リキャストに数分かかる)
  • フラッシュバルブ:ライトマニューバで敵に「フラッシュ」発動(MP消費なし:効果切れかリキャスト毎に即使用)
  • マナコンバーター:「コンバート」と似た様な効果HPは一気に減るがMP回復は徐々に
  • ヴォルトガン?:通常攻撃に追加効果が付く(魔法戦フレームだと追加ダメージで17前後出てました)



  • 今の所はこの位ですか。
    組み合わせが判明してくればまた増えるかもしれません

    ちなみに今現在存在しているアタッチメントの装備効果の装備品確認欄で見れる内容をゆめこがエントリーでまとめて書かれていたのでリンク
    更にくくりさんのブログでも同じからくり士のエントリーがあったのでそちらもリンク




    なんか読み返すと次から次に話が波状していってますが
    まぁそれも良しとします(´_ゝ`)


    PTには数回入りましたが
    PTでの立ち回りがいまいちつかめません

    数回サポ白を要求されましたがMPが71とか言うなんとも微妙な数値だったので相談の結果サポ戦で緊急時のタゲ取りになったりしてましたねぇ

    サポシで不意コンボでも良いのかもしれませんが
    それもサポ戦士でバーサクコンボでも良いのかなと悩んでみたり
    範囲物理多い的には、サポ忍で空蝉貼ってたほうがいいのかなとも思ったり。

    考えが尽きませんヽ(;´Д`)ノ









    LSや各方面でよく「がらくた士」と言われますが
    なんとでも言いなさい。


    このジョブが好きでやってんです

    お知らせの部分にマトンの愛称投票へのリンクがあります
    そちらもご協力お願いします。
    (私が製作した物ではありません)

    からくりやってる人はこちら




    からくりってなに?美味しいの?と言う方


    PR
     [2006.04.28 Fri]     Comment:7   TB:0   [FFXI]
    本当にテイマージョブすきですわねぇw
    召喚といい・・・
    そろそろ。がらくた士?シェリルにブログの名前を変更したほうがイイカモネ('з')


    ・・・・・からくりデシタネ^^^^;;;;;;
    by: ころる | 2006.04.28 14:15 | URL | edit
    >>ころる

    [太字]マジデブッコロ[/太字]
    by: シェリル | 2006.04.28 14:17 | URL | edit
    からくり上げたんですか〜w
    あたしはからくりグッズが値下がりするまで待ってます(´_ゝ`)b

    って、34て!(;°д°)
    by: ぽち | 2006.04.28 18:30 | URL | edit
    コロスケ士たのしそですね。(人´∀`)
    アタッチメント?でグラが変わるのがカワユス。そんな私はイベントに惹かれてコルセアやるっぽいですが。カラクリ士もソロで時間空いたときにでもちまちまやろうかと思っています。
    by: ねこ | 2006.04.28 23:44 | URL | edit
    >>ぽちさん
    上げてたんですよ〜
    グッズ値下がりは待つが吉かとw
    私は初期に売りぬいて所持金ホクホクしてましたがw

    >>ねこさん
    コルはクエすらまだ受けていなかったり(´∀`)

    新ジョブ頑張りましょう!
    by: シェリル | 2006.04.29 17:56 | URL | edit
    同じFFをやっているはずなのに、なんだこの理解できない言葉の羅列はwwwwww
    by: しび | 2006.05.01 09:09 | | edit
    >>しびさん
    新ジョブの中で
    新しいアビリティが一番多いのが
    からくり士ですからなぁ(´ー`)y-~~
    言葉が違うだけで内容同じアビが他にもあるのはご愛嬌

    新要素も加わったジョブなので
    今まで耳にしなかったこともあるかも
    by: シェリル | 2006.05.01 10:05 | URL | edit


    秘密にする?
       
       


    4月アクセス解析結果| HOME |青魔道士&ゲッショー